FXをやっている人に取っての曜日の意味。

FXはいつでも出来る、とは言いつつも、曜日によって多少意味が変動しています。理由は世の中の動きが
出たりするのに決まった曜日があるせいです。必要ない人には全く必要ないですが、スイングトレードとか
だと割と重要だったりしますね。

土、日曜日は基本的にはお休みの日になります。海外のFX業者を使っていれば違いますが、現状では
日本の業者を使っている人の方が多いですね。365日やり続けられる人も稀ですから、どこかで休みを
入れる必要はあります。

土日が休みなので月曜日の朝は重要なポイントです。俗に言う、窓、が空くかどうかで一つ分かれます。
そこまで頻繁では無いですが、空けばチャンスもあるしピンチにもなりえます。

火曜日と木曜日は、色々と発表がある曜日なので一番重要かも知れません。危ないから触らない人も
居ますが、大きく動くのを捉えられるとかなりの利益が見込めます。この二つの曜日はどんな取引の仕方
であってもチェックした方が良いかも知れません。

金曜日は雇用統計などがありますから取引としても重要ですが、次の日から二日間休みなのでその計画が
必要になるでしょう。ポジションを取って置くのもありですし、動きが見えないから終わりにするのも
戦略です。

こうみると結構忙しく感じますが、確認するぐらいで済む事もあるので時間はあまり掛りません。
こういうのを知っててやるのと知らないでやるのでは、長いスパンでの成果がかなり大きく変わって来ますね。

FXで月々15万円の副業

Kさんは本業をしているものの、ずっと続けられるかどうかわからず、お金を作るスキルを考えたといいます。

社会人一年目から、FXをして月々15万円の副業になっているそうです。
いろいろやってみた結果、FXがもっともやりやすいかなとやってみたとのことです。

FXをいつやっているのかというと、出勤前だそうで、朝9時ごろのようです。
会社の近くにあるカフェで30分ぐらいトレードしてから出社しています。
値動きの大きいレートを狙って、1日1500円プラスを目標にして稼ぎます。

決済を完了させるのが、昼時です。
使っている端末はスマホで、合間の時間にちょくちょくレートの動きをチェックしています。

すでに三年目に入っており、意外と長く続いているほうではないかと思います。
負ける人はもう少し早めに撤退しているはずです。
会社に勤めながらであれば、少々の損失もカバーできるというゆとりがあり、トレードでも冷静になれるのかもしれません。

夕方からはまた別の副業をしているようです。

FX取引で有効なダブルゼロの逆張り

FX取引には色々な手法はありますが、プロのトレーダーに人気なのがダブルゼロの逆張り手法です。

ダブルゼロとは例えばドル円が107、00ユーロドルが1、2800など最後の数字が00と続く価格になります。

確かにキリのいい数字に支持線や抵抗線がある場合は高い確率で反転しているのが分かると思います。

何回も107.00付近で頭を押さえられ、なかなか突破しない状況が長く続くと買いポジションを持っているトレーダーは、高値と判断して決済します。それでますます上値が押さえられる状況になってしまうのです。

このポイントを狙って売り注文を入れる方法がダブルゼロの逆張り戦略です。
なぜプロのトレーダーに人気かというと銀行の注文状況を見られるわけです。
銀行はキリのいい価格に注文を入れる場合が多く、最も信頼性のある取引だと言われているようです。

この場合、利益は20~30pips、107、00を超えてしまった場合は損切りになります。

この戦略はボックス相場で高い確率で利益を狙えますが、トレンドが出ている時は見送った方がいい戦略だと思いました。

ハイアンドロー方式の取引「バイナリーオプション」

FXの取引でよく知られているのは「バイナリーオプション」と呼ばれる取引方法です。これはその日の取引額が設定した金額より上か下かを最初に予想しておいて、それが当たれば元の金額に対して利益を得ることができるといったものです。いわゆるビデオポーカーなどで言う「ハイアンドロー」方式の取引なので、ギャンブル性が強く、てっとり早くお金を手にしたいと考える人にはうってつけの取引方法です。
また、バイナリーオプションは値動きの額が小さくでも利益が出ます。要するに設定ラインの上下でこちらに利益がもたらされるので、予想ラインから少しでも上下していれば、いくら増えようが少なくなろうが、予想が当たればいいのです。本格的な取引に比べて取得金額がどうしても少なくなってしまうというデメリットはありますが、短時間でお金を得られるシステムとして、これ以上のものは現状ありません。

FXにはスワップポイントを狙うという方法もある

FXにはスワップポイントを狙って取引をするという方法もあります。スワップポイントとは低金利の通貨を売って高金利の通貨を買うと、金利差が生じるのでスワップポイントが付きます。ポジションを保有している間はスワップポイントを受け取ることができます。
高金利通貨として有名なのが豪ドル、ニュージーランドドル、南アフリカランドなどです。
例えば金利の低い日本円を売ってこれらの高金利の通貨を買えばかなりの金利差が生じることになるのでもらえるスワップポイントも多くなります。
ただ初心者の人に気をつけて欲しいのがこれらの高金利通貨は値動きが激しいということです。一日で1、2円動くことはざらなのでレバレッジを上げすぎてマージンコールがかからないように気をつけましょう。
スワップポイントを狙うときは相場の突発的な急落にも耐えられるように口座資金を多めにレバレッジは低めで運用するようにしましょう。

FXを始める方はデモトレードをしましょう

FXに興味を持っている方は多いと思います。私も以前から興味を持っていて少し前にFXを始めました。その際に行ったことはデモトレードを徹底的に行うことです。
デモトレードとはFXの取引の体験版のようなものです。実際の取引を架空のお金を使用して体験できるので、FXの取引がどのようなものかを学ぶことが出来ます。このデモトレードは実際の取引を行う前に絶対にやっておくべきだと思います。デモトレードも何もせずに実際のトレードをすると損失を題してしまう可能性が高くなってしまうからです。損失を出す可能性を少しでも低くするために、デモトレードでFXの取引に慣れておくことが必要なのです。
また、日ごろから経済関係のニュースはしっかりと把握しておきましょう。経済の動向によってFXの市場は大きく左右されることがあるので、今後どのような動きをするかを予測する力をつけることも大切です。

レバレッジのかけ方はFXの取引をするにおいて重要です

FXの取引はお金を儲ける方法としては有効な手段であると言えます。なぜならFXの取引は一回の取引で大きな儲けを出すことができるからです。
そして大きな儲けを出すことができる理由にはレバレッジをかけて取引をすることができるというところにあります。例えばお金が10万円しか用意できない場合でもレバレッジをかけることによって10万円以上の額の取引をすることができるということです。
そしてレバレッジのかけ方はFXの取引をするにおいて重要です。なぜならレバレッジをかけて取引をすれば取引がうまくいったら儲けは大きくなりますが、取引がうまくいかなかったら大きな損になるからです。そのため自分が自信を持って取引ができる相場だけレバレッジをかけるのがいいと言えます。
そして私は基本的にレバレッジは2、3倍で自信のある相場だけ10倍以上のレバレッジをかけて取引します。